神楽凌艶譚 ~沙耶の章~

商品説明

「何度も遊べるHな巫女さんローグ型RPG」である神楽シリーズに
お手軽に「妖怪との異種姦」を楽しめる「神楽凌艶譚(かぐらりょうえんたん)」が登場!
「神楽黎明記」と同じシステムの異種姦をリーズナブルに、また原画としてヒトマルを起用することで、
普段の神楽シリーズに触れていない方にも神楽シリーズの良さを知ってもらうことを目的としています。

●お手軽に妖怪とのHシーンを楽しむ
神楽シリーズの特徴でもある、妖怪との異種姦。
それに特化し「黎明記」シリーズより、お手軽に楽しめる作品となります。
妖怪とのHシーンは8回、処女・非処女の違いや同じ妖怪に2回目以降襲われた場合には、
より濃いHシーンを楽しめます。
また、毎回一人のキャラにスポットを当て、そのヒロインと妖怪のHシーンを描くことで、
ヒロインの性格や性感帯など特徴の現れるHシーンが展開されます。

●これまでと異なる神楽シリーズ
原画にヒトマルを起用し、ビジュアルの雰囲気も山本とは異なり、
いつもと違った神楽シリーズを楽しんで頂けます。

●Hシーンだけじゃないゲーム部分も何度も遊べます。
本作ではローグ型RPGを採用しており、ダンジョンの形や敵の配置が毎回変わります。

物語

沢城(さわしろ)神社に着任した新人退魔巫女「東雲沙耶(しののめさや)」は
妹の「東雲沙月(しののめさつき)」とともに怪異を解決する依頼をこなしていた。
沙月が不在のある日、神社に退魔の依頼が舞い込んでくる。
一人任務はあまり経験がない沙耶だが
「今動けるのはわたしだけなんだから、わたしが頑張らないと!」と、調査を開始するのだった。

登場キャラクター

●東雲 沙耶 (CV:花月さや)
沢城神社に妹の沙月とともに沢城神社に着任した新人退魔巫女。
活発で正義感が強く考えるより先に動いてしまうタイプであるが、渋いお茶と甘いお団子が好きで自分でも団子を作ったりする意外な一面もある。
雉杜神社の卒業生であり舞歌を師匠と慕って尊敬している。
沙月とは仲がよく怪異に対してもコンビで対峙しており、今回初めて1人で怪異に立ち向かう事となる。
実は雉杜神社で舞歌の自慰を目撃したことがあり、自らもアナルで自慰行為をしている。

妖怪 巫女 陵辱 触手 異種姦

(Visited 6 times, 1 visits today)

Post A Comment For The Creator: SIRO VIDEO Games

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です